ホーム  >   ブログ  >   エッセイ   >   「考えないこと」

2020-07-28

「考えないこと」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひと月前に考えることについて書いた。仕事や勉強などの日常的な場面で困難に直面したとき、僕らは背筋をピンと伸ばして問題を問い直し、正しく考えなければならない。

一方で、人生における重要な判断を迫られたときには、案外「考えないこと」のほうが大切なんじゃないだろうか、とも思う。

高校・大学・大学院への進学、留学、就職・・・振り返れば、大きな意思決定はいつだって即日、長くても1週間以内で行ってきた。

考えれば考えるほど、良くも悪くも様々な可能性が見えてくる。そして、後悔する理由ばかりが積み重なっていく。

「Aならこんなに苦しむことも無かっただろうに」「やはりあのときBを選択していれば・・・」「確かに今は満足だが、本当にこれが最良だったのだろうか?Cを選択していればもっと良かったんじゃないか?」

タイムリープが不可能である以上、このような後悔は大変無駄なものであると僕は思う。

さらに、考えれば考えるほど意思決定の過程で打算が働く。結果、大多数の人間が等しく望み、納得してくれるであろう最大公約数的な結論が導き出される。その事実を自覚すること無く、である。

金や地位、名声こそが最重要であるのならそれもよかろう。僕はそうは思わないけれども。

映画監督・紀里谷和明氏がラジオで語っていた「自分がどう感じるか」を素直に受け入れ、「今の自分が好きか?」と問うことの難しさ。頭のどこかで考えてしまっている限り、これを体現するのは不可能ではないかとさえ思う。

もっと言えば、「考えに考え抜いて選んだ道」なんてものの先にはなーんにも無くて、最初から一切期待しないほうがいいのかもしれない。

「良いな」「嫌だな」「楽しくないな」「ワクワクするな」そんな心の声に耳を傾けよう。直感を信じよう。違和感を見過ごさず、行動しよう。

その選択には、確かに自分の意志が宿っているはずである。

・・・さて、そのためには「考えること」におけるエウレカ的瞬間に対応する<兆候>を見逃してはならない。

自分の場合は<快適さ>や<慣れ>を実感することが一種のシグナル。周辺環境が非常に快適で物事がうまく回っているときや、物事への取り組み方が熟れてきて惰性にシフトしつつあるとき、ふと「あ、このままじゃいけない」と感じる。たかだか二十数年の人生、そういった瞬間はまだ数えられるほどしか訪れていないのだけれど、先に挙げた進学や就職における即決案件はいずれもその好例だ。そんなときには突然ドラスティックに環境を変え、舵を切る。

その積み重ねこそが、自分を自分たらしめるのだ。

「考えるべき」か「感じるべき」か。それを正しく見極め、考えすぎずに生きていきたいものである。

  書いた人: たくち

たくちです。トレジャーデータでデータサイエンス・機械学習のプロダクト化および顧客への導入支援・コンサルティング、そして関連分野のエバンジェリズムを担っています。趣味は旅行、マラソン、登山。コーヒーとお酒とハンバーガーが好き。長野県出身、東京都在住。ブログへのご意見・ご感想、お仕事のご依頼など、@takuti または [email protected] までいつでもお気軽にご連絡ください。

※当サイト上での発言は個人の見解です

  過去の人気記事

2017-12-16
データサイエンスプロジェクトのディレクトリ構成どうするか問題
2017-06-10
Amazonの推薦システムの20年
2017-03-31
修士課程で機械学習が専門ではない指導教員の下で機械学習を学ぶために

  サポートする

  コーヒーを贈る

  ほしい物リスト

このエントリーをはてなブックマークに追加

  あわせて読みたい

2020-07-11
僕は「世界で闘うプロダクトマネージャー」にはなれない。
2020-06-21
「考えること」
2020-04-30
貯金を取り崩しながら生きている感覚
  もっと見る